HOME > 主要スタッフ

田中 正人(タナカ マサト)

Adventure Race Japan in NAGANO 大会実行委員長 兼 『国際レース』コースディレクター

イーストウインドのチームキャプテンとして国内外のアドベンチャーレースで活躍。その活動の様子はNHK『グレートレース』や民放局「クレイジージャーニー」などでも取り上げられた。近年、選手としてだけでなく、若手選手やコースディレクターの育成にも力を注ぐ。
日本アドベンチャーレース協会会長、イーストウインドプロダクション。


小澤 郷司(オザワ ゴオシ)/ゴーシ

『国際レース』コースクリエイター

リアルディスカバリーのチームメンバーとして国内外のレースで活躍。近年、国内レース及び講習会などを企画運営し、チームビルディングやイベントオーガナイザーとして活動している。


宮内 佐季子(ミヤウチ サキコ)

『スプリント』コースディレクター

元イーストウインドのメンバー。国内では本格的なアドベンチャーレースの一つ、ARJS富士山大会を始め、初心者でも楽しんでもらえる阿蘇アドベンチャーフェスタなど、彼女のコース作りには定評がある。現在は自転車種目の一つ、シクロクロス選手の選手として活躍する


久保田 亜矢(クボタ アヤ)

大会事務局およびメディア調整

1999年以降、アドベンチャーレースの世界をメディアの立場で紹介。国内だけでなく、アドベンチャーレーシングワールドシリーズ(ARWS)をほぼ全戦取材。近年、底辺拡大を視野に、女性だけのアウトドアスポーツキャンプやイベントを運営企画。
雑誌『Adventure Race』の編集長
 
本大会に関する総合問い合わせ。
info@adventureracejapan.jp

内河 智美(ウチカワ トモミ)/ウッチー

主に日本チーム担当・クラウドファンドの窓口

数多くのイベント運営に携わる豊富な経験から、今大会の事務局の要。日本チームの窓口としても対応。
 
日本チームの問い合わせはこちら。
race@adventureracejapan.jp


稲田 正人(イナダ マサト)/マサ

主に海外チーム担当

タスマニア在住。タスマニアやオーストラリアで開催されたXPDの撮影に同行。現地でトップクラスのチームインタビューなどを行う。


山田 琢也(ヤマダ タクヤ)

地域の調整、会場設営担当

NPO法人インサイドアウトスキークラブ。トレイルランナーとして活躍し、長野県内でトレイルランイベントを手がけている。


芝田 登紀子(シバタ トキコ)/たけさん

 渉外担当・ボランティア担当

今大会では、これまで国内で開催されている数々のアドベンチャーレース、アウトドアスポーツイベントでの出場経験を生かし、大会運営及びボランティアの主任として担当


内田 一成(ウチダ イッセイ)/うちださん

地域コーディネイター

フィールドワーカー。10 代の頃から登山や砂漠を二輪で走るデザートレースに出場。現在はデジタルマップやGPS、地質データなどを使って、聖地の構造を解析して、古代のロマンに迫るレイラインハンターとして活躍。
聖地観光研究所(レイラインプロジェクト)


高山 英恵(タカヤマ ハナエ)/ハナちゃん

コースクリエイターのサポート

XPDやGODZoneに出場経験のあるアドベンチャーレーサー。最近ではスイム&ラン協会を立ち上げ、自ら運営にも携わる。